TOEIC Bridgeテストとは?おすすめの対策方法をご紹介

TOEIC Bridgeテストとは

TOEIC Bridgeとは、TOEICを提供するETSが提供する試験の一つです。Bridgeには「TOEICへの架け橋」という意味が込められています。試験の難易度が抑えられている事から、英語の勉強を始めようと考えている社会人など、英語に不慣れな人向けの試験と言えるでしょう。

満点は180点で、リスニングとリーディングそれぞれが90点満点です。120点が中学卒業レベルになるため、英語の学習を始めたばかりの方は、まずは120点を取ることを目指していきましょう。

TOEIC Bridgeは、まだ英語そのものに対して不安を感じる方におすすめ

TOEIC公開テスト(いわゆる通常のTOEIC)はある程度英語が読める人向けの試験です。特にリスニングの会話問題や読解問題は1問ごとの英文量が多い事から、英語を読める、聞ける事は前提となっています。どちらかといえば英語を素早く正しく理解できる能力が問われる試験であるため、英語学習初心者が英語能力を図る目的に受けるには敷居が高いテストです。

そのため、自分の英語力をチェックしたい人は、まずTOEIC Bridgeを受けて、自分自身の英語能力をチェックしてみると良いでしょう。

TOEICの問題量の半分で難易度も高くない

TOEIC Bridgeテストは、試験時間は1時間、問題数がそれぞれ50問とTOEICと比べて半分になっています。また難易度も低く、英語に不慣れな方でも受けやすいようになっています。
具体的には、TOEIC Bridgeテストは素直な問題が多いです。TOEICには受験者を誤回答に導くような引っ掛け問題が多く存在するため、初心者の方はなかなかスコアを伸ばす事ができない仕組みになっています。また読解問題の文章量も少ない事から、TOEICよりも手軽に受けられる試験と言えるでしょう。

ビジネスで使われる語彙力を高めよう

TOEIC Bridgeは日常的な場面を題材にした問題が多いですが、ビジネスを題材にした問題もある程度出題されますので、将来的にTOEICの試験を受ける事を考えているのならば、ビジネスに関する語彙力は高めておくべきです。語彙を学ぶにはビジネスを題材にした英語記事をたくさん読むことをおすすめします。語彙といえば単語帳が挙げられますが、英語の記事を読む方が単語の使い方も同時に学べますし、頻出される語彙から覚える事ができるため、学習効率が良いです。

過去問を何度も解こう

資格や受験もそうですが、最も参考になるのは過去問です。TOEICとは違い、TOEIC Bridgeテストは過去問が公開されています。まずは、一度過去問を解いてみて、自分はどこの出題が苦手なのかを把握しましょう。その上で、弱点を克服する勉強を行いながら、過去問を何度も解いていきましょう。TOEICほどではありませんが、TOEIC Bridgeテストにも独特のクセがあるからです。何度も解くことにより、試験の構成に慣れる事ができ、公開テストでも結果を出せるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA