TOEIC Speaking & Writing テストとは?おすすめの対策方法をご紹介

TOEIC Speaking & Writing テストとは

TOEIC Speaking&Writingは、一般的に「TOEIC」と言われるTOEIC Listening and Reading(TOEIC公開テスト)ではなく、「英語の話す&書く」の技能を測るテストです。

問題ごとに制限時間が科されているため、比較的時間には余裕のあるテストですが、より実用的な英語力を問われ、解答も人が採点するので、苦手な方も多くいらっしゃいます。ただ試験規模や受講生の数はTOEIC Listenig and Readingよりは小さいと言えるでしょう。

Speakingテストが20分、Writingテストが40分

そんなTOEIC Speaking&Writingの気になるテスト構成としては、最初に20分間のスピーキングテストがあり、その後60分のライティングテストが行われます。

一般的なTOEIC Listenig&Readingの違いは〇・×で判定されるテストではないことです。録音した英語の音声や英作文を基に採点が行われるのが、大きな違いです。そのため模範解答もマークシート方式のものとは異なり一つではなく、無限にあるということができます。

仕事で実際に英語を使っている人におすすめ

TOEIC Speaking&Writingは先ほども紹介した通り、人が採点する試験になっているので、実際に英語を使って仕事をしている方や、これからする予定の人におすすめのテストになっています。TOEIC Speaking&Writingで満点近くの点数を獲得すると、暗記の英語力だけでなく、発音やコミュニケーションといったより実用的な英語力を兼ね備えていると認識されるので、キャリアアップなどにも役立ちます。少しTOEIC LRよりも受講料は高いですが、ぜひチャレンジしてみて下さい!

問題傾向を把握しておくこと

TOEIC Speaking&Writingを受講するうえで重要なのは問題傾向を把握しておく必要があります。TOEICの公式サイトにはサンプル問題が掲載されているだけでなく、問題集を活用することによっても対策が可能です。問題傾向を把握しているだけ、効率よく学習を進める事ができるので、自分の目標スコアを設定して、どの問題を重点的に勉強するか把握するようにしましょう。

何度もロールプレイングを実践しよう

TOEIC Speaking&Writingは人が採点するため決まった解答がありません。解答は無限にあると言えるので、自身の学習が正しいのか不安になることも多いと思います。本番の前に試験同様の環境で勉強を進めたり、オンライン英会話を利用して、自身の英会話をアウトプットするのもいいでしょう。何度も繰り返しすることによって自然と英語が口から出てくるようになるので、ぜひ続けてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA