TOEIC初めての方向け!問題形式と点数配分をまず把握しましょう

TOEIC対策をこれから始めようと考えている人、TOEICは聞いたことはあるけど内容はよく知らないという人向けに、TOEICのざっくりとした概要を本記事では紹介します。

漠然と勉強を始めるのではなく、まず全体像をつかんでいきましょう!

TOEICの問題形式はどうなっているのか

TOEICは、英訳や和訳などといった筆記試験はなく、全ての解答がマークシート方式で行われます。
全体像としては、約45分間のリスニング試験が100問、75分間のリーディング試験が100問という構成になっています。また、リスニング、リーディング共に全て問題用紙も英語で書かれており、高スコア取得のためには確実な英語力が必要となります。

TOEICの点数配分を理解しましょう

TOEICは、前半のリスニング、後半のリーディングともに495点ずつの配点で、990点が満点になります。
ただし、1問につき〇点といったように予め決められている配点がなく、公式問題集ですら配点が明記されていません

このようになる理由は、TOEICのスコア配点が「統計処理」によって算出されているからです。
この統計処理とは、TOEICすべての受験者の答案を集計して導き出した正答率を基準とする方式です。
TOEICでは、この正答率によってスコアが変動するという仕組みになっています。

問題はパート1からパート7まである

TOEICは全200問もの問題がPART1~7に分かれており、リスニングは前半(PART1~4)、リーディングは後半(PART5~7)となっています。
PARTごとの詳しい内容は、1から7まで順番に写真描写(6問)、応答(25問)、会話(39問)、説明文(30問)、短文穴埋め(30問)、長文穴埋め(16問)、長文読解(54問)となっており、それぞれ問題形式が異なります。
問題数が多いだけでなく、PARTごとに形式が異なるという性格上、高スコア取得のためには適切な時間配分や問題傾向の分析、各PARTの対策が欠かせません。

過去問題を何度も解いて形式を理解しよう

PARTごとに異なる問題形式は、一度解いたからといって完璧に理解できるようなものではありません。
過去問題集を購入し、何度も問題を解いてそれぞれの傾向をしっかりと掴みましょう。

また、TOEICでは単語や言い回しは意外と同じものが繰り返されています
そのため、過去の問題を1問1問完璧にマスターしていれば、TOEICに強い語彙力が向上しますし、本番で参考書との差に戸惑うこともありません。
それに、過去問題で高スコアが取れるようになれば、本番への自信も身に付きますし、余裕を持って試験に集中できますよ。

全問正解が満点になるとは限らない

点数配分の項目で軽く解説しましたが、TOEICは統計処理によってスコアを算出しているため、全問正解が満点になるとは限りません。
例えば、あまりにも難しすぎて誰にも解けなかった問題があったとします。すると、全ての受験者の解答を統計処理した段階で、誰も解けなかった問題は正答率0%となり、問題自体が「なかったこと」とされます。
よって、この問題を間違ったとしても間違ったこと自体が「なかったこと」となって配点され、全問正解していなくとも満点になるということがあり得るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA