TOEICの申し込みは、いつ、どのやればいいの?わかりやすく説明します!

TOEICに向けて勉強をするなら知っておきたいのが、いつテストが実施されるのか?といつまでどうやって申し込むか?です。

受けると決めたら、すぐに申し込んでしまいましょう!試験日が決まることで、やる気ができますし、そこまで高い受験料ではありませんがお金を払ったということで、しっかり勉強しないといけないという気持ちにもつながります。

TOEICの申込み日は、公式サイトを確認

TOEICは年10回実施されており、それぞれの日程や申し込み日はWEBページで確認することができます。

2019年のTOEICテストの直近の日程と申し込み日ですが、以下のようになっています。

試験実施日:2019年6月23日(日)
インターネット申し込みの受け付け:4月5日(金)10:00~5月14日(火)15:00まで

試験実施日:2019年7月28日(日)
インターネット申し込みの受け付け:5月17日(金)10:00~6月18日(火)15:00まで

試験実施日:2019年9月29日(日)
インターネット申し込みの受け付け:6月21日(金)10:00~8月6日(火)15:00まで

実施日のぎりぎりに申し込むことはできないので、前もって確認するようにしましょう。アプリやメールで申込日を通知してもらうこともできるので、必要なら登録しておくと良いでしょう。

TOEICの申し込みは、インターネットかコンビニ

TOEICの申し込みの方法は2通りあります。

インターネットでの申し込みと、コンビニ端末での申し込みです。

インターネットで申し込む場合は、会員登録が必要ですが、テスト結果の通知が郵送で届くよりも前に、オンラインで結果を見ることができる、というメリットがあります。

コンビニ端末で申し込む場合は、それぞれのコンビニの情報端末のガイダンスに従って手続きをしてください。

インターネットでの申し込みは割引制度がある

インターネットで受験の申し込みをした場合、結果をオンラインで見えるというメリットがある、と説明しましたが、他にもメリットがあります。

リピート受験割引です。

インターネットで申し込む際には会員登録をしますが、そうすると、1年後のテストを受験する際に、割引価格で申し込むことができます。

本来なら5,725円のところを、5,092円で受験することができるので、約650円もお得で受けることができます。

さらに、割引サービスを利用して受験した場合、その1年後にも割引価格で受験することができるので、繰り返し受験する場合にはぜひ利用しましょう。ただし、団体申し込みの場合には割引は適用されないので、ご注意ください。

受験料支払い方法は、クレジット・コンビニ・楽天ペイの3つ

TOEICの受験料の支払い方法は3つあります。

TOEICの支払い①クレッジットカードを利用

TOEICの受験料支払いは、クレジットカードが使用でき、ブランドもVISA・マスターカード・JCBが可能なので、クレジットカードを持っていればすぐに決済が完了します。

TOEICの支払い②コンビニを利用

コンビニは、ローソン、ミニストップ、セブンイレブン、セイコーマートで支払うことができますが、それぞれ手続きの方法が異なるのでご注意ください。

TOEICの支払い②楽天ペイを利用

楽天ペイの場合は、楽天ポイントを獲得できますし、楽天IDに登録しているクレジットカードのポイントも貯まります。

領収書の手続きが可能である

仕事上の必要でTOEICを受験する場合などは、受験料の領収書が必要かもしれません。

その場合は、TOEIC申し込みサイトの申し込み履歴から、領収書発行の手続きをすることができます。

ただし、申し込みサイトで領収書を発行できるのは、試験日から6ヶ月以内で、1回限りとなっています。6ヶ月以上経過していたり、再発行を希望する場合には、IIBC試験運営センターに電話で問い合わせる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA