TOEICの勉強法を考察!通信講座と独学での勉強のメリットをご紹介

TOEICを通信講座で勉強するメリット

通信講座では迷わず必要なTOEICの勉強ができる

TOEICを通信講座で勉強した場合の最大のメリットとして、初心者でも迷わずに、最初から必要な勉強ができるという点が挙げられます。
しっかりと効率的に組まれたTOEIC対策や学習スケジュールによって、「何から手を付けたらいいかわからない」ということが起きない仕組みになっています。
よくわからないままに買った参考書がわかりづらく、時間を無駄にしてしまうこともないでしょう。
また、毎日カリキュラムが決められているので習慣化しやすく、ペース配分が苦手な方でも無理なく学習を続けられます。

ネイティブの日常会話を疑似体験できる

通信講座には、TOEICで大きな壁となるリスニング対策がしっかりできるというメリットもあります。
ただ単にネイティブの発音が聞けるだけでなく、内容と照らし合わせて理解を深めることができ、日常会話を疑似体験できます。

また、講座によっては外国人講師と実際にマンツーマンでの英会話レッスンができるものもあります。
こういったレッスンでは、リスニング力を鍛えるだけでなく、TOEIC対策のみに留まらない確かな英会話能力を伸ばせます。

通信講座では丁寧なフィードバックをもらえる

通信講座では、ただ解いた問題の結果がもらえるだけでなく、丁寧な添削指導などといったフィードバックをもらえます。
このようなフィードバックは挫折を防ぎ、学習へのモチベーション向上や維持に繋がります。

また、メールなどで質問を受け付けている講座も多く、疑問を素早く解決できるので、学んだ知識をしっかりと定着させることができます。
独学ではなかなか受けられないこのようなサポートが充実している点も、通信講座のメリットと言えるでしょう。

TOEICを独学で勉強するメリット

独学でTOEICの勉強するとコストがほとんどかからない

独学で勉強した場合、TOEIC対策の問題集や参考書を自力で揃える必要がありますが、通信講座と比較するとかなり低いコストで学べます。
また、今はネット上で様々な勉強法などが紹介されています。それらを参考にして学習スケジュールを組むことで、独学でも無理なく自分に合ったペースで進めていけます。
通信講座とは違い、フィードバックなどのサポートはありませんが、コストを低く抑えられる分、勉強が始めやすいというメリットもあります。

対策用の問題集は多くでており独学で十分勉強できる

独学でTOEIC対策をするための問題集は多く出版されています。
その中でも評価の高い問題集は、大量の問題が収録されているだけでなく、独学でも十分に勉強できる充実の内容の本ばかりです。
例えば、大里秀介さんの「TOEIC L&Rテスト必勝ダブル模試」では公式問題集よりもずっと詳しい解説がされています。また、TEX加藤さんの「TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ」では本当によく出る頻出単語・フレーズが沢山紹介されています。
著者やレビューをしっかりと調べ、自分に合う良質な問題集を見つけることで、独学でも効果的な対策ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA