TOEIC950点はどれぐらい大変?とるための勉強方法を紹介

ネイティブと互角レベルの点数である

TOEICを始めて受験する方にとって気になるのが、スコアごとの評価だと思います。

実はTOEIC950点というのはかなりのハイスコア。

950点を獲得するには9割近くの得点を取る必要があり、英検1級レベルとも言われています。

全受験生の中で950点を達成しているのはわずか3%程度と言われており、その難易度の高さが伺えます。ネイティブスピーカーと互角レベルの力を持っており、日常会話・ビジネス英において英語でのコミュニケーションに困ることはないでしょう。

キャリアアップに十分な武器となる

TOEIC950点は、ネイティブスピーカーと同レベルの英語力を兼ね備えていることを示しているので、就職や転職といったキャリアアップにおいて十分な武器になることは間違いありません。

日本の企業はもちろんのこと、海外でも活躍できる人材として高く評価されることは間違いありません。

将来的に世界で活躍する人材になりたいと思っている方にとってはTOEIC950点は目標とすべきスコアということができるでしょう。

基本だけでなく直感的な文法が必要

では具体的にTOEIC950点を獲得するにはどのように学習を進めていけばいいのでしょうか?

TOEIC950点を獲得するのにまず必要なのは文法力です。

高校レベルの基本的な英語力を繰り返し、練習することによって習得しておくことは必要です。そしてそれだけでなく、問題に応じて応用する直感的な文法力も必要になってきます。いかに取りこぼしを少なくするか意識して取り組むようにしましょう。

単語力が必要である

続いてTOEIC950点に必要なのは単語力です。単語力がなければ、文法が分かっていても問題に取り組むことができません。

一般的にTOEICで満点近く獲得するには10,000語近くを暗記する必要があると言われています。

これだけの単語を覚えるのは一朝一夕というわけにはいきません。まず自身の英語力を把握しましょう。そして語彙力が足りないジャンルを重点的に、スケジュールを立てて毎日欠かさず覚えるようにするといいでしょう。

リスニング関連の問題集を使いほとんど理解できるまで練習する

TOEICではリスニングとリーディングパートに分かれていますが、950点を獲得するうえで大きな壁になるのがリスニング問題です。

リスニング関連の問題集を使い、スピーカーの内容をほとんど理解できるように繰り返し学習するといいでしょう。

またリスニングパートは問題の傾向がはっきりしていることが多いです。そのため、事前に過去問などで準備しておくと本番でも焦らずに解答することができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA