TOEICスコア600~700点のレベルはどのくらい?

600~700点はどのくらいの英語力?

TOEIC600~700点の英語力はセンター試験の英語で8割取れるくらいの実力です。
TOEICの難易度では中級レベルです。
全体的には中の上クラスなので、比較的高いスコアに位置します。
TOEICを戦略的に解けるレベルですが、長文の読解が苦手なタイプが多いです。
私も長文が苦手でしたので、そのもどかしさがわかります。
あとは長文問題に力を入れていいく時期です。
短文問題から長文問題へ、学習内容をシフトしましょう。
長文問題の勉強方法は、公式問題集になれて本番力をつけることが有効です。
長文読解の戦略として、下記をポイントにしてください。

【長文読解のポイント】
・先に問題を読む…英文内容を推測するため
・イメージして読む…速読力を上げるため
・単語を推測して読む…イメージ力を上げるため
・キーワードを印をつける…問題の答えかもしれないから
・読むことに慣れる…上記の反復練習です

長文読解は問題を先読みして、内容を推測するのがコツです。
キーワードとなる単語を推測しながら読むことで、読解力が上がります。
精読から速読に慣れるため、読み慣れる練習も必要になります。”

英検で言えば

TOEICの600~700点は英検で言うと英検2級クラスです。
英検準1級には届かないレベルですが、簡単な洋書なら読めますし、海外でホームステイくらいはできるレベルです。(実際の英会話は別のスキルとお考えください)
ですので、もし英検を取るなら英検2級がオススメです。
様子見で英検準2級からもアリですが、英検2級から挑戦した方がコスパが良いです。
TOEICの600~700点をとる実力なら、英検2級までの問題は簡単に感じるはずです。

大学のレベルで言えば

TOEICの600~700点は、一般的には合格レベルと言われています。
大学生の平均が500点半ばなので、比較的に高いレベルです。
つまり平均以上の英語力を保有している大学生になりますので、就職活動にも有利です。

企業(社会)からの評価は?就活・転職では?

TOEICが600点~700点のクラスだと、就職や転職にも有利です。
比較的に企業からも評価されやすいスコアです。
とはいえ、大学生の就職活動(就活)と社会人の転職活動(転職)では評価具合が違います。
ですので、下記に就活と転職それぞれの評価具合を分析しています。
600点~700点スコアの優位性をご確認ください。

【就活での優位性】

例として企業が新入社員に期待するスコアは565点です。(参考情報はこちら|参照URL)
もちろん企業にもよるので、600点~700点のスコアは”ある程度の評価を受ける”と思って活動するのが無難です。
なお大手企業はTOEICの評価も比較的高くなります。
外資系企業などは特にそうですね。(たとえば楽天のような英語が社内公用語の企業だと更に高いレベルが求められます。ちなみに楽天ではTOEIC730点です)

大手企業の例だと(※2019年調べ)
・ANA|600点~700点
・楽天/日産|730点
・JTB|750点

800点以上はネイティブレベルが求められる職になります。
なお860点以上は海外赴任の即戦力として期待できるレベルといわれています。

【転職での優位性】

転職でTOEIC600点~700点は決め手にはなりません。
ちなみに社会人の平均点は607点(2016年データ|参照URL)です。
つまり600点前後が社会人的には一般レベルになります。
なので600点~700点は、英語スキルのアピールとしては弱いです。
TOEICのスコアを活かすなら800〜900点は欲しいところです。
転職活動の履歴書で記入する際の参考にしてください。”

必要な勉強時間の目安は?

TOEIC600点~700点クラスは、対策さえすれば短期間で到達できる点数です。
高校まで英語を勉強していた人なら、練習の反復とセクションのコツをつかむだけです。
現時点で460点~500点クラスなら、毎日1時間/3カ月間を目安に。
目標が「まずは600点から目指す」と言う場合は、以下の戦略を参考にしてみてください。

【600点の勉強方法】

600点のコツ⑴:リスニング(part2を確実に取る)

600点を狙うなら、まずはpart2を確実に取れるように勉強しましょう。
part2は短い文章の選択問題なので、点数を伸ばしやすいです。
また過去問を練習していれば、ある程度のパターンも見えてきます。
リスニングを反復練習すれば、他のリスニングパートも伸びてきます。

600点のコツ⑵:リーディング(part5の文法問題で稼ぐ)

part5は文法問題で稼ぎやすいので、パターンを勉強しましょう。
part5で問われるのは文法力と語彙力です。
TOEICの文法は出やすい英文法があるので、パターンをつかむのがコツです。
たとえば前置詞のパターンだと

・Including ~ (~を含む)
・Due to ~ (~のせいで、理由で)
・In spite of ~、 despite ~(~にも関わらず)
・Regardless of ~ (~に関係なく)
・Because of ~(~のせいで、よれば)

などがよく使われます。(詳細記事はこちら|参照URL)
Part5は時間をかけずに解くのもコツです。
ここで時間を稼げればPart6、そしてpart7の長文問題にも余裕ができます。

【700点の勉強方法】

・リーディング(part7の長文問題に慣れる)

TOEIC700点以上を狙う場合に大きな壁となるのが「長文読解」です。
苦手な人も多いセクションです。
700点以上はpart7の長文問題をいかに攻略するかがカギになります。
長文読解のコツは先ほども述べましたが、

①問題を先読みして
②内容をイメージすること

が攻略のコツ過去問で速読を意識して練習しましょう。

このレベルでおすすめの教材は?

TOEICスコア600~700点を目指すなら、公式問題集で本番力を身につけるのが確実です。
たとえば、このような参考書がオススメです。→公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4(参考URL)
あとはアプリを使うのもオススメです。
TOEIC対策アプリではスタディサプリEnglishなどが有名です。→スタディサプリ(参考URL)
スタディサプリのようなアプリなら、スマホで隙間時間にも勉強できます。
アプリをガシガシ使って、勉強時間を増やしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA