TOEICスコア700~800点のレベルはどのくらい? 各シーン別にわかりやすく説明します!

700~800点はどのくらいの英語力?

いわばTOEIC評論家からしたら甲乙付けがたい点数帯である700〜800点。

しかし、800点以下だとしても依然として社会での評価は高いと思います。TOEIC700点台を持っていると言えば多くの人からは英語が出来るという認定をしてもらえるでしょう。

ただ、英語がペラペラに話せるという人はこの点数帯にはなかなかいないと思います。というのも、帰国子女なら文法が壊滅的だとしてもその他の超越的な能力で800点以上取れてしまうし、英語をネイティブのように話すことまで視野に入れて英語の勉強をしている人は間違いなく800点以上を所得出来ます。

ですので総括すると、TOEIC800は、海外経験はないけれどある程度英語リスニングと英語リーディングの勉強をこなしてきた人や、キャリアのために短期間で英語を詰め込んだ社会人や就活生がとるようなスコアだと言えるでしょう。

英検で言えば

TOEIC700〜800点はまさに英検二級と準一級の中間に相当すると言えるでしょう。

英検二級と英検準一級の難易度の差はほぼ語彙に依るものであり、それ以外は差はあまりないのですが、英検二級の語彙はあまりにも高校初級レベルすぎてTOEICのこの点数帯に相当しないのに対し、英検準一級の語彙は難しすぎるというこの極端な差が、一つの級に断定できない原因となっています。

またTOEIC800突破の壁は他のスコアの壁より高いと一般的に言われており、このスコア帯は800点以上とかなり英語力に差があると言えるでしょう。

大学のレベルで言えば

TOEIC700点台はいわゆるSMARTとよばれる大学群にぴったり相当すると思います。

SMARTは順に上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、東京理科大学なのですが、最難関大学ではないけれども日本を代表する難関大学と言われている大学群であります。

上智大学は英語力をウリにしているのでそこの学生はもう少し高いスコアを取っているしれませんが、この点数帯に相当すると考えて大間違いになることはありません。TOEICのこのスコア帯にしろ大学進学にしろ、いわゆる勉強に対してある程度の努力をちゃんとした結果手に入れるものであるといえるでしょう。

企業(社会)からの評価は?就活・転職では?

TOEIC700点台は前述したように、そこそこの評価はしてもらえるし、英語が出来る側の人材だと思ってもらえるでしょう。

実際TOEIC700点台の芸能人が、英語が得意な芸能人としてメディアに登場していることをよく目にするのでそれは間違いないでしょう。また一般的に履歴書にTOEICの点数を記載できるのは700点からなので、人事担当に対してある程度のアピールにはなります。

ただ日用的な英語能力が備わっているわけではないので外資系企業で重宝されることは少ないです。いずれにせよ、キャリアを考える際の資格習得の一つの選択肢として他の試験より対策しやすいので、数週間で詰め込み受験でこのスコア帯が取れるなら大万歳かもしれません。

必要な勉強時間の目安は?

その人の英語力に依るところが多いですが、いわゆる英語偏差値50の人がTOEIC700点台を取るのに必要な時間は大体150時間といったところでしょうか。

本質的な英語力を磨く時間を用意しなくてもいわゆる試験対策をすることによって取れる点数の上限が700点台までだと思います。

なので要領の良い人や、試験というものに慣れている人は意外とあっさりとこのスコア帯をとれてしまったりするかもしれません。過去問演習に如何に時間を割けるかが高得点を取るカギを握るでしょう。

このレベルでおすすめの教材は?

TOEIC700〜800点を目標にするのだとしても、依然として必要な勉強はもっとハイスコアを目指すための勉強と変わらないでしょう。

なのでやはりおすすめは金のフレーズという単語帳と公式問題集をひたすらにやりこむことです。それが圧倒的に近道であり、過不足なくTOEICのための勉強を行うための秘訣であります。

繰り返すようですが、はじめから700点台を目指すならこの勉強法以外に手はありません。

要領よくやれば、二週間程度で履歴書に書けるスコアが手に入るのでとてもコストパフォーマンスが高いです。本当にシンプルかつおすすめの勉強法です。ちなみにこれからじっくり英語の勉強をしていくけれども、いきなり900点近いスコアを目指すのは恐れ多いという意識の高いTOEICビギナーには間にワンクッションを挟むことを推奨します。

英語の勉強になじみがない人は、スタディサプリでセンター英語で高得点を取ることを目標とした総合的な英語講座を取りましょう。そうすることによって、遠回りのようで実に効率的に本質的な英語の学習を行うことができます。またそれは派生的な、より高次元な英語の能力が必要となったときに役立ちます。総括するとキャリアのためにスコアがほしいだけの人は上記の単語帳と過去問題集を、コツコツ勉強したい人はそれに加えてスタディサプリを活用しようということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA