TOEICスコア800~900点のレベルはどのくらい?

800~900点はどのくらいの英語力?

流石に英語ができる人だと認められるTOEICのレベルが800点以上です。リスニングとリーディングに関してはかなりの高レベルな力を有していると言えます。ただ、メディアではTOEIC800以上を持っていると英語がペラペラに話せるかのように扱われることがありますが、必ずしもネイティブのように話せるとは限りません。とはいえここまでしっかり英語の勉強をしてきた人はスピーキングに関しても力を入れて学習していることが多いので、このレベル帯にはスピーキングも得意である人は少なからず居るでしょう。とにかく”英語が出来る”人々が有する点数であることには間違いありません。

英検で言えば

TOEIC800〜900点はズバリ準一級レベルです。英検の準一級は一級と違いスピーキング能力を図る二次試験がそんなに難しくないので(英検準一級の合格率は80%近い)、まさしくリーディングとリスニングの能力で純粋に比較することができます。確かに語彙は英検準一級のほうがしばし難しいのですが、TOEICで800以上をとるために必要な迅速で正確な処理には、ただ問題を解く以上の英語力が必要なので、結果的には難易度は一致します。実際、英語の資格が求められる状況ではTOEIC800と英検準一級は同等に扱われることが多く、ほぼ同等と言えます。

大学のレベルで言えば

TOEIC800点以上にふさわしいレベルの大学はやはり最難関大である東大や京大、早稲田大学や慶応義塾大学でしょう。TOEICは確かに英語の能力を量る試験ですが、知識や演習以上に”点を取る技術”がないとここまでの点数を取ることは難しいので、上記の大学に合格するための勉強をしてきたような人のほうが高スコアを取りやすいという現実があります。もちろん英語力を売りにした上智大学や国際基督教大学、国際教養大学などの学生は余裕でこのような点数を出すことでしょう。センター試験の英語で考えると180点以上といったところになります。ちなみにセンター試験英語は80分で約4000語、TOEICは75分で約7000語と、文量だけみるとTOEICは異常な大変さであります。

企業(社会)からの評価は?就活・転職では?

やはりTOEIC800点以上をもっていると、社会的には英語が出来るという扱いを受けます。日本におけるTOEICの受験者は年間約250万人近くにのぼりますが、800点以上を取れるのはその上位約10%に満たない数しかいないので、やはりデータからもその難しさが伺えます。就活においてもTOEIC800点以上を持っているとやはりそれは武器になること間違いないでしょう。といってもそれだけで内定がもらえるようなフリーパスのようなものではありませんが、必ず面接のときに良い意味で話題のネタにしてもらえます。また一般的に、就活生はTOEICスコア700点から履歴書に記入するので、800点以上を取ると彼らとの差別化につながります。TOEICを勉強すると決めたなら、是非ともこのくらいのスコアを取りたいものです。TOEICは他の試験に比べ努力が報われやすいとされており、かつ知名度が抜群に高いのでやはり勉強する価値はとてもあります。

必要な勉強時間の目安は?

もちろんその人の初期段階でのレベルによっても異なりますが、800点以下のスコアをとるために必要な勉強時間よりも圧倒的な勉強時間を要するでしょう。いわゆる英語偏差値50の人だったら300時間近く必要でしょう。800点以下のスコアだと単語帳を覚えきり、過去問演習を積めばある程度簡単に取れますが、それ以上点数を取るとなると如何に早く時間内に問題を解き終わる能力や、”英語への慣れ”が必要になってくるので表面的なTOEIC勉強だけでなく”英語の能力”を鍛える必要があります。ですので比較的たくさんの勉強時間が必要になります。

このレベルでおすすめの教材は?

基本的には金のフレーズという単語帳と公式過去問題集をひたすらにやりこむことが近道になりますが、少し注意があります。それは基本的な英文法や英文への慣れが足りていない人は、上記の勉強をしてもあまり効果が見込めないということです。確かに知識のインプットと演習を重ねれば良い点数が取れないということはないですが、TOEICの本質は英語を使って設問に答えることなので、それらの読解に支障が出るレベルだと、仮に知識があってもそれを上手に運用できない可能性があり、ハイスコアから遠のいてしまいます。ですので目安としてはセンター英語で8割取れない人は、スタディサプリというオンライン講座でセンター英語での得点のための総合的な英語の講座を取ると良いでしょう。基本的な英語の能力に関しては問題ないという人は、心配せず上記の参考書をやりこみましょう。ただし、上記のことをすべてこなしても700点後半以上取れないという人が少なくともある程度の数いらっしゃると思います。そういう人たちにはこれ以上TOEICの参考書を使ってコツコツ勉強することは薦められません。というのも、そのような行き詰まりはある種の総合的な英語力が一定のレベルに達していないために起こるものです。なのでそういう人は一見TOEICと関係なさそうなTOEFLの勉強や英会話の練習、英字新聞の読解、英語のドラマを字幕付きで鑑賞など、より高度な英語能力が必要とされるものにチャレンジし、それにどうにかついていけるようにすると、気が付くとTOEICの点数も900を超えていたなどという現象が起きることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA