ゲーム感覚で英単語勉強!1単語1秒で1日1冊テキストを読みましょう

自分にピッタリの単語テキストを手に入れたら、実際に使って、どんどん単語を覚えていきましょう!
単語を覚えるにはいろいろなやり方がありますが、ひとつおすすめの方法をご紹介します。それは、1単語に1秒しか時間をかけない方法です。本当に覚えられるの?と疑問を持ちたくなりますよね。
この記事を読んでくださっているほとんどの方は、母国語として日本語を使っていることと思います。小さい頃、どのようにして日本語を覚えましたか?何回も繰り返し、紙に単語を書いたでしょうか。特定の
単語を覚えるときには、何回も何回も触れることがとても大切なのです。
また、書いて覚えるという方法も、中学校や高校の試験などではとても有効です。テストがライティングメインだからです。しかし、TOEICや英検にはライティングはありません。さらに、TOEIC600点でも5000語の単語数が求められます。1ページの単語を着実に覚えようと時間をかけていたら、全ページ覚えるのにどのくらいの時間がかかるでしょうか。最後のページに到達したときに、最初の方の単語はどのくらい記憶に残っているでしょうか。少ない言葉にだけ集中して覚えようとしたでしょうか。どちらもしていませんよね。とにかく、「日本語」というシャワーを何回も浴びているうちに、わかる単語が少しずつ増えていって、理解できるようになったのですよね。
つまり、資格試験の単語を覚えるときに大切なことは、単語に何回も繰り返し触れること、ライティングで覚えなくてもいいということ、多い単語数に対応できることなのです。
今回紹介する、1単語に1秒しか時間をかけない方法は、これらの条件を満たしている覚え方のひとつです。
方法を簡単に説明します。まず、英単語を見ます。そして、その単語の意味を見て確認します。できるだけ時間をかけないようにしましょう。終わったらすぐに、次の単語とその意味に移ります。パッパッパっと進めていきましょう。最初は3、4秒くらいかかっても大丈夫です。これを、何回も繰り返します。1ページから最後のページまで終わったら、また1ページ目に戻って、同じように進めていきましょう。回を重ねるにつれて、覚えている単語が増え、かかる時間も減っていきます。目指す時間は1秒です。
この方法だと、100単語で100秒、1000単語で1000秒、つまり17分です。17分で1000語に触れることができるのです。1時間半で5000語ですから、どれだけ時間がかかっていないかわかりますね。5000語くらいのテキストなら、1日1冊読むことができるのです。このようにして、単語に触れることを何回も繰り返していきます。
この方法ではさらに、瞬発力を磨くこともできます。英語の資格はどれも、時間内にかなりの量の英単語と向き合うことになります。なんだっけ・・・?と時間をかけている時間はありません。すぐに意味がわかることが大切です。覚えるときから時間をかけないこの学習方法は、すぐに思い起こすという瞬発力を鍛えるのにとても有効なのです。
いかがだったでしょうか。この方法のコツは、最初から完璧を目指さないことです。最初の1回目は、ほとんどわからないこともあるかもしれません。ゲーム感覚で繰り返して、知っている単語を少しずつ増やしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA