TOEICスコア900~990点のレベルはどのくらい?

900~990点はどのくらいの英語力?

990点満点のTOEIC。上位3%とも言われるスコア900点台の英語力って、ほんとのところどうなんでしょう?
ネイティブとも同等に渡り合える会話力、洋画も字幕なしで余裕!
そんなスーパーマンに思えませんか?私もそうでした。

簡単に表現するなら「英語を使う上で、多大な問題はない」。
これがTOEIC900点台の最低ラインです。
外国人と接するのに抵抗がない。海外で一人になっても自分で何とかできる。洋画も字幕があればなんとか。というイメージですね。
ちょっと思っていたのと違いませんか?

私たちが思い描く「TOEIC900点」像と違うのは、あくまで「ノンネイティブ」としての英語力が高いという点。
ネイティブ同士の会話や、ニュース番組、洋画視聴となると、TOEICの学習だけでは難しいのです。
会話スピード、語彙量、スラング、ビジネス英語などなど、ネイティブとの差は大きいと言えます。

そして、TOECIは「聞く」「読む」力を伸ばすことができますが、「会話」力は含まれていません。
ネイティブと同等に話そうとすると、さらに「会話」のための努力が必要となります。
オンライン英会話や、language exchange(言語交換)、海外留学などが挙げられますね。

ただ、英語を生活で使う上でのハードルが低くなることは間違いないので、このレベルを目指してTOEICに挑戦する人は多いです。”

TOEIC900~990点を英検で言えば

簡単に比較してしまうとTOEIC900点台≒英検1級です。
ただ、「聞き取りと読解力のみ」を試されるTOEIC試験と、「面接あり」の英検を同じ条件で比べることはできません。
あくまで、それでも比べるとしたらこれくらいかな?というイメージです。

TOEICで900点をクリアできても、英語での会話力、コミュニケーション力がないと英検1級合格は難しいです。
その点も考えると、英検1級の方がやや難易度が高く、英検1級と準1級の間あたりが「TOEIC900点台」の立ち位置です。

企業(社会)からの評価は?就活・転職では?

日本国内において、TOEICの知名度は大変高いです。
そして、就活・転職業界では言うまでもなくアピールポイントとなります。
TOEICスコアを募集条件に出している企業も多く、もはや必須とも言える試験です。

そしてスコア900点以上の場合、高評価であることは確実。
例え、直接英語力が関係ない職種であったとしても「お!?」と目に留まることは間違いありません。

正直なところ実戦的な英会話ができる人より、TOEICスコアを重視する傾向にあるのが、日本の就活事情です。
せっかく他の試験(例えば英検など)や資格を持っていても、TOEICスコアがないと門前払いをくらうことも。
そんな中スコア900点以上を持っているなら、どんどん推していくしかない強力な武器となります。

もしTOEICを受けたことがない方は、ぜひ受験して自分の英語力をスコア化しておくのがおすすめです。
TOEIC至上主義の日本では、一番端的に分かりやすく「私の英語力はこれくらいですよ!」ということが伝わる手段なのです。

TOEIC900~990点到達に必要な勉強時間の目安は?

勉強前によく聞くのが「中高大と英語の授業は受けたけど、それ以来英語に触れていないから基礎も怪しい・・・」というレベル。
恐らくTOEICスコアで言うと400~500点のレベルにあたります。
そのレベルからスコア900以上を目指すのであれば、必要な勉強時間は最低でも1000時間です。

ちょっと具体的にイメージが湧かないでしょうか。
コツコツ1日2時間、お休みの日は頑張って5時間、英語学習を続けたとします。
これだけやっても1か月100時間いかないです。
単純計算、早めに見積もっても、1000時間には1年くらいかかると言えます。
上位3%の壁は、そう簡単にたどり着けるものではありません。

とにかくTOEICのスコアをガンガン上げたい!のであれば、1000時間の濃度も大切です。
TOEICは特に問題の形式、パターン、自分の弱点などを理解し、集中して学ばなければ伸びません。
やみくもに1000時間勉強するのではなく、「TOEICスコアアップ」のための学習をしましょう。

TOEIC900~990点でおすすめの教材は?

スコア900点台からのステップアップというと、目標・990点満点ですね!
基本は完璧にできているはずなので、ここからは弱点を潰して「正解率を上げる」というよりは、
全て正解するという「間違わない」ことが求められます。

TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6

こちらは英語上級者の弱いポイントが盛り込まれており、かつ解説がとても丁寧なテキストです。
もちろん、TOEIC新形式にも対応した新装版が出ています。

スタディサプリ

「スタサプ」で有名なアプリ教材で、TOEIC対策コースも選ぶことができます。
上級者がさらに上を目指すためには、その中でも「パーソナルコーチプラン」がおすすめ!
一人一人に専属コーチが付くので、自分にぴったりの学習プランや音声サポートサービスが受けられます。
無駄なくレベルに合った学習ができるので、上級者にもとても人気のアプリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA