TOEIC500点に特化した基礎固め!TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500の特徴・メリット・デメリットを徹底紹介

TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500は、TOEIC500点に向けた参考書です。TOEICの全7パートの特徴を抑えながら、段階的に進められるドリル形式の問題集です。
目標スコア別にシリーズになっていますが、その中でも、「TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500」は、1冊で全パートを網羅しておりTOEIC入門には最適な1冊です。

多くの学校や企業からも絶大の信頼を寄せられ、採用されている1冊で、解説を読んで、コツコツと問題を解いていくことで、ページが進み全パートの傾向が把握できる独学にも適した教材です。

難しい解説は一切なく、文字も読みやすいサイズ・フォントでモチベーションがそがれることはありません。また、1日4ページずつ進めると、1ヵ月で終わるので、定めた目標を挫折することなく継続できる丁度良いボリュームになっています。

TOEIC®L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】

TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500がおススメできる人

スコア500を目指している人

闇雲な勉強方法やラッキーでスコアが伸びるのは、400点台までです。「次は500点を超えたい!」と考えている人は、必ず “”傾向の把握”” が必要になってきます。TOEICには、明確な傾向があるので、500点を目指す人が確実に抑えたい問題の傾向をしっかりとつかむことで、TOEICの問題を解くのが格段に楽になります。TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500はそういった人に最適な1冊です。

TOEIC勉強歴が浅く、どの教材を選べば良いか分からない人

今や数えきれないほどの種類があるTOEIC対策教材。どれを選べば良いか迷いますよね。
教材は自分の信じたものを徹底的に使い切るのが一番ですが、それが見つけられない人は、まずこの「TOEIC®L&Rテスト書き込みドリル [全パート入門編] スコア500」を選べば間違いはないです (あくまでもスコア500まで)。

単語帳でたくさんの単語を覚えるのが苦手な人

TOEIC対策の単語帳もたくさんありますが、単語帳を使っての単語の暗記にいつも挫折してしまう人は、まずこの教材に出てくる単語・フレーズを覚えることから始めてみてください。この教材の著者は、TOEIC対策の単語・フレーズ集も執筆しており、TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500に出てくる単語・フレーズも頻出の良質なものばかりです。

TOEICの勉強の進め方が分からない人

この教材はレベルに合わせて、パート別に、解説→易しい例題→実践問題という流れで構成されているので、ページ順に進めていくだけで効率的に勉強を進めることができます。

TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500のポイント4選

TOEICの傾向がつかみやすい

TOEICは、英検等とは違い、レベルに関わらず全員が同じテストを受験します。要するに、全200問の中には、解けない問題があって当然なのです。しかし、テストとなると「全問解きたい、正解したい」という気持ちが強くなり、解けない問題にも時間を費やしてしまい時間内に終わらない人も多いのではないでしょうか。

TOEIC受験者にテストの感想を聞くと、圧倒的に多い感想が「時間が足りない。。。」です。TOEICは時間との勝負のテストでもあります。とにかく効率よく問題を解いていかないと最後まで目を通すことができません。

傾向を知ることで、自分の得手不得手や時間をかける問題、時間をかけないで進める問題等、対策を打つことができます。

回り道をしないで進められる質の良さ

TOEICの傾向をしっかり押さえている上、良質な単語・フレーズ・問題です。
教材探し難民になって、色々な教材に手をつけてどれも中途半端になっているなら、まずはこの1冊から始めてみてください。

挫折なく進められる構成と量

進めるペースがつかみやすい30日完結型で、量もさほど多くもないので挫折しにくいです。
どんな教材を使っても中途半端で終わることが一番効果が薄いので、やり切れる、使いこなせる量を選ぶのも教材選びの1つのポイントです。

成長が実感できるステップアップ式

実践問題に至るまでに、徐々に慣れていくようにステップアップしていくので、実践問題が取り組みやすい上に、自分がつまずいた箇所も明確に把握することができます。

TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500の難易度

TOEIC500を目指す人を対象にしています。

TOEICテストを始めて受ける方や、英語力に自信のない方におすすめの参考書となります。

TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500の効果的に使い方

まずは、進めるペースを決めてください。ページ数でもパートごとでも結構です。ただ早く進めばいいものでもありません。また、教材は1回解いたら終わりではありません。間違えた問題はできるまで繰り返すことや、出てきた単語やフレーズは全部覚えてください。リスニングは、音声を利用して、音読を繰り返すことで、リスニング力が飛躍します。1回終わらすのは30日程度ですが、そこからこの教材をフル活用することが大切です。

この教材と公式問題集を並行して利用すると効果的です。特に公式問題集 Vol3と相性がいいですが、特に強くこだわる必要はないので、最新版を購入して構いません。

初見の問題は、とても貴重なので、公式問題集は時間を図って、本番さながらの環境で一回解きます。
その後、この教材の進度に合わせて公式問題集も進めてください。例えば、書き込みドリルでパート1を解いたら、公式問題集でもパート1を実践問題として解き、感覚をつかんでください。これを何度も何度も繰り返すことで力が着実についていきます。

デメリット・マイナスポイント

問題量が少ない

TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500は、問題量が多くはないので、知識の定着を図るには若干不十分です。
他の模試形式の教材を組み合わせることで、この教材の価値が増してきます。

単語力アップには不十分

本書はあくまでも傾向対策本なので、頻出の単語・フレーズが出てくるとはいえ、単語力アップを目的としては利用するには不十分です。単語帳は別に購入する必要があります。

TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500を実際に使ってみた感想

TOEIC500を目指す学習者の実力をよく把握したうえで作られている教材です。
リスニング1つをとっても、いきなりリスニング問題から入るのではなく、頻出の単語・フレーズを知っているかの確認から入り、短い文から長い文へ、1問ずつ解答から数問まとめて解答へ、と段階的に進むことで、実践問題をいきなり解くよりも格段にハードルが下がり進めやすいです。ただ、問題量が多くないので、個人の英語力にもよりますが、この教材のみを1回ざっと解けば、500点に到達するというものでもありません。

TOEIC L&Rテスト書き込みドリル【全パート入門編】スコア500のまとめ

近年、TOEICのスコアを求められる場面が増えてきており、多くの人が様々な目的で目標スコアを目指し勉強しています。その中には、忙しい日々の中、貴重な隙間時間をぬって独学で勉強されている人も多いと思います。この教材は、そんなあなたの勉強をできるだけ効率的に遠回りしない道へ導いてくれる「指針」となる1冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA