TOEIC600点を目指すための単語勉強方法はこちら!

TOEIC600点というのは、高校卒業程度、英検2級レベルと言われています。この点数をクリアするためには、まず質の良い参考書が必要となります。

書店にはさまざまなTOEICの参考書が置かれています。自分が使いやすく、英語力が伸びると信頼できる参考書を選ぶことが大切です。

わかりづらかったり、使いづらかったりすると、600点に必要な英語力をつけるまでに時間がかかってしまいます。

特に単語帳は、TOEIC専門のものが効率的に覚えられるでしょう。

本記事では、TOEIC600点を目指すための単語勉強方法をご紹介します。

TOEIC600点とるための必要な単語数は約5,000語

TOEIC600点をクリアするために必要な単語数は、約5000語と言われています。

この「5000語」をクリアするためには、TOEIC900点をねらう人が覚えるような難しい単語を覚えようとするのではなく、TOEIC頻出と言われている単語や、基本となる単語を覚えることがポイントです。そして、しっかりと覚えながら、語彙力を増やしていきましょう。

また、TOEICにライティングはありませんので、単語のスペルを完璧に覚える必要はありません。読んだり、聴いたりして意味がわかることが大切です。

単語学習は積み重ねです。復讐を繰り返しながら、英単語力を伸ばしていきましょう。

自分にあった単語帳を選ぶ

単語帳にはいくつかの種類があります。

単語単体で覚えるタイプ、フレーズで覚えるタイプ、文章の中で覚えるタイプ、聴いて覚えるタイプなどです。

どれも長所と短所があります。

例えば、単語単体で覚えるタイプは、1つの単語を覚えるために必要な時間は最短です。しかし、どのような文章の中で使われる単語かは、よくわかりません。

一方、文章の中で覚えるタイプは、その単語が使われる状況も一緒に覚えることができます。しかし、ターゲットの単語を覚えるまでに時間がかかってしまいます。

さまざまなタイプがありますが、自分に合った単語帳を選ぶことが大切です。

単語帳は、TOEIC専門のものが効率的に覚えられるでしょう。

自分だけの単語帳を作る

次は、自分だけの単語帳を作りましょう。

覚えたい単語を、覚えやすい形で収録していきます。そして、繰り返し復習して覚えましょう。
「自分だけの単語帳」には、あなたに必要な単語が凝縮されています。英語力を上げるために、欠かせないものとなるでしょう。

単語は何回も繰り返し触れることで覚えていきます。「覚えた」と思っても、1週間後には忘れていることはよくあります。

英単語が定着するように、根気よく学習を続けていきましょう。

600点に向けたおすすめの教材は?

英単語の学習教材はたくさんありますが、中でも「TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ」は特に信頼できる単語帳です。

この単語帳には「TOEICフレーズ」と呼ばれるフレーズが記載されています。これは、TOEICで満点を獲得し続けている著者の経験から選ばれたフレーズです。

また、TOEICはリスニング問題もありますが、こちらの単語帳は、音声をダウンロードして繰り返し聴くことも可能です。

TOEIC専門の単語帳には、「TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ」がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA