TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編は模擬テスト2回分が入ったおススメ参考書!

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編は模擬テスト2回分が入ったおススメ参考書! (1)

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編は、2016年より変更された新形式のTOEICテストに対応した公式問題集です。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編の構成は、サンプル問題、模擬テスト(2回分)とその解答と解説になっています。サンプル問題により初めて受ける人でも流れがわかるようになっていますし、模擬テストを解くことで本番への実践的な対策になります。

さらに、CDが添付されているのでリスニング練習も可能です。テストは2回分のみですが、この1冊だけでもうまく活用し本番を想定した学習をすることで大幅なスコアアップも狙えます。

TOEIC テスト公式問題集(新形式問題対応篇)

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編はこんな人におすすめ

TOEICの問題形式に慣れたい人

この教材で最も期待できる効果は本番のテスト形式に慣れるということです。特に初めて受ける人は問題の流れが分かっていないと大幅にタイムロスしてしまい、全部解ききれなかったということがよく起こります。そうならないために、自分で時間を計り模擬問題を解くことで、本番で100%の力を発揮させることができます。

TOEICのノウハウを学びたい人

本書には模擬テストに加え、詳しい解説が付いています。解説ではどうしてそのような答えになるのか順を追って教えてくれるので、正解を導くプロセスを学ぶことができます。基本的にTOEICは時間との勝負です。しかし、本書で解き方のノウハウを学べば、本番では効率的に問題を解いていくことができるようになります。

英単語を学びたい人

模擬テストの解答・解説では丁寧に重要単語がまとめられています。単語を知っているということはそのままTOEICの得点につながるくらい重要です。リスニングでもリーディングでも分かる単語が多ければより効率的に問題を解くことができます。また、本番では単語が分からず立ち止まってしまうことも少なくないため、知らない語彙があった場合はノート等にまとめ覚えておきましょう。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編のポイント5選

最もTOEIC本番に近い練習ができる

問題集によってはあまりTOEICの参考にならなかったりしますが、TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編は公式の問題集なので実際のテストにも出る単語や問題形式が学べます。

TOEICもスポーツと同じで普段から本番を想定した練習試合をしないと、本番で100%の力を発揮できません。TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編を使って、たくさん練習を積むことをおすすめします。

CDを使ったリスニング対策ができる

本書にはリスニングパートに対応したCDが付いているので、それを使った効果的なリスニング対策が可能になっています。特に、効果があると言われているシャドーイング(流れてくる音声を真似して一緒に発音)やディクテーション(聞いた音声を文字に起こす)で繰り返しトレーニングすれば、英会話のスピードに慣れて以前は聞き取れなかった英語も聞けるようになります。

TOEIC初心者でも安心

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編では、模擬問題に入る前にパート1から7までのサンプル問題が付いているので、全くTOEICを知らない方でも流れや解答方法がつかめるようになっています。またそれ以外にも、問題の解説に和訳がついているので単語やその意味が分からなくても理解ができるのが良い点です。

単語力を身につけられる

問題集なので、ただ本番の練習ができるだけだと思いがちですが、TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編の解答・解説は重要な単語やフレーズを和訳付きで説明しているので、語彙力の強化も期待できます。分からなかった単語は見直せるようにノート等に書き留めておきましょう。

自分の英語力がわかる

実際に模試を解くことで自分の苦手分野や強みが明確になります。これにより、例えばリーディングが苦手な人はシャドーイングで学習するなどの自分なりの勉強法を見つけることができます。得意分野にばかり時間を使い勉強するよりも苦手分野を克服する方が得点力アップにつながります。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編が対象のTOEICスコア

TOEICを初めて受ける方(TOEIC~500点ほど)から上級者(750点~)までを対象にしています。

初心者でいきなり解いて良いか迷う方もいるかと思いますが、まずTOEICとはどのようなものか、そして何ができて何ができないのか見極めるためにもぜひ一度問題を解いてみてください。

効果的な使い方

本書は模試2回分だけですが、とにかく使い込むことが重要です。具体的には、まず時間を計り本番と同じ緊張感で問題を解きます。そして答え合わせをした後、なぜ間違えたか、何が苦手なのか分析しましょう。苦手分野別に学習(例えば、リーディングが苦手なら洋書を使って速読など)したら、少し時間をおいてもう一度解き直します。この流れが最も効果的です。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編のデメリット

模試が2回分しかできない

2回分のテストでもある程度のスコアアップは期待できますが、色々な問題を解くことも本番の練習として大切になってきます。他の問題も解きたいという方は他の参考書と組み合わせて本書を使いましょう。

効率的な解き方、コツは教えてくれない

公式問題集では点数を上げるコツや効果的な学習法には言及していません。ですので、本書を使う際は自分なりのペース配分や学習法を考える、あるいはTOEIC高得点の方の勉強法を参考するなどして対策する必要があります。

持ち運びには向いていない

本書はA4サイズほどの大きさ、厚さもあるので持ち運びには少し不便かもしれません。基本的には自宅か図書館等机の上で使うことが多くなります。

実際に使ってみた感想

個人的にはTOEICを学習する上では非常に効果的な教材だと思いました。まず、設問や問題のレベルは本番と同じくらいなので、リハーサルとしては非常に優れていますし、TOEICを受けたことがない方でも流れや自分の苦手分野を知ることで勉強法、目標が明確になると思うのでぜひおすすめしたい一冊です。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編のまとめ

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編は、どのレベルの学習者でもスコアアップに効果的です。サンプル問題や二回分の模試でTOEIC自体に慣れることはもちろん、ディクテーションや速読等さまざまな学習法と組み合わせて使うことで苦手分野の克服、高得点も目指せます。

ぜひ、本書を活用し目標のスコアを目指しましょう!