どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは英会話の学習方法を確立した画期的な参考書!2019年もおすすめです

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは英会話の学習方法を確立した画期的な参考書!2019年もおすすめです

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは、その名の通り、「英語をどんどん話せる」ようにするために書かれたテキストです。この教材を使うと、中学英語の英作文を瞬間的に行うことで英会話の基礎力を高めることができます。

その学習方法は、きわめてシンプルです。まず、日常英会話のほとんどが中学英語で成り立っていることに着目します。そして、その中学英語の文章を瞬間的に頭に思い浮かべられるように何度もトレーニングすることで英会話を上達させるというものです。日本語訳をみて、瞬間的に英文を頭に思い浮かべて、声に出してトレーニングを行います。

このトレーニングを行うために、テキストには非常に簡単な中学英語の英文とその日本語訳が分野別に掲載されています。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは英会話の学習方法を確立した画期的な参考書!2019年もおすすめです

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングはこんな人におすすめ

タイプ① 英語の日常会話ができるようになりたい人

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングの作成趣旨から言って、英語で日常会話ができるようになりたい人にはぴったりの教材です。実際にトレーニングをしてみると、日常英会話ではかなりスムーズに会話が進められるようになることがよくわかります。特によいのは、「疑問文」を容易に作れるようになることです。日本人は、英語の疑問文の語順に全く慣れていません。疑問詞の次に時制を気にしながら助動詞かBe動詞を置き、その後に主語を話すという英語の語順が、日本語には全く馴染まないのです。その点、日本語とは全く違う英会話の思考回路をつくることに重点を置いたこの教材を利用すると、質の高い英会話の基礎練習ができます。

タイプ② 英文はスラスラ読めるのに会話をするときに英文が頭に浮かばずに会話ができない人

これも英文解釈に重点を置きがちであった日本の教育を受けると、よくおきがちな傾向です。英文の意味は理解することができるのに、英語を自分から発信することができないわけです。英会話の英文がなかなか思い浮かばない場合、瞬間英作文のトレーニングを1ヶ月集中して実施するだけで、きわめて大きな効果が実力アップが期待できます。元々、英語を理解する頭脳はすでにある人である場合には、英会話はとても早いスピードで上達します。

タイプ③ 中学英語を総復習したい人

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは、中学英語を網羅的に扱っているため、中学英語の総復習を行いたい人にも向いている教材です。中学英語の総復習とともに、英作文の学習もできます。さらに、繰り返し日本語を英語に置き換える練習をすることによって、自然に英会話もできるようになっていきます。中学英語の総復習、英作文、英会話の3つが同時に学習できるのがこの教材の大きな強みです。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングのポイント4選

ポイント① 簡単な英会話がスラスラできるようになる

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングの日本語を英語に繰り返し置き換えながらスピーキングし続けると、次第に日本語を英語にする時間が短くなっていき、復習時間が短縮していきます。以前は30分で数ページしか進まなかった復習が、同じ時間で数十ページ進むようになるといった具合です。そのような時間短縮ができるようになってくると、簡単な英会話がスラスラできるようになっていきます。特に、話したい日本語を思い浮かんだ後に、英語に変換するスピードが格段に向上します。

ポイント② 英作文が容易にできるようになる

さらに、日本語を英語に置き換える時間が短くなれば、当然英作文も容易になります。文語での英作文はこの教材ではあまり練習できませんが、日常会話レベルの英作文であれば、基本的なところはこの教材で十分押さえることができます。とにかく「日本語を英語に置き換える時間を短縮するための教材だ」という認識をもっていただければ十分です。

ポイント③ シリーズ教材が充実

同じシリーズで、「ポンポン話すための瞬間英作文パターン・プラクティス」「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフル」といった教材もあります。「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」だけでは、まだ英会話の瞬発力がいまひとつだという方は、続編のシリーズでさらに瞬間英作文の実力を磨くことができます。同じシリーズを利用して瞬間英作文のレベルアップを徐々に行うことができることも、この教材を使う上で便利な点です。”
“【ポイント④ スマホアプリ・文庫本との併用で細切れ時間にも学習できる】
最後に、言語学習では意外に重要なのは、「細切れ時間を使って復習できるような教材が用意されているか」ということです。この教材シリーズには、別売のスマホアプリでの復習や、文庫本「mini版 瞬間英作文ドリル」という書籍もあり、スマホや文庫本を使っての復習も可能です。スマホアプリは書籍と同等の金額であるため、やや高価ですが、英会話スクールに通うよりははるかに経済的な金額で英会話の基礎を復習することができます。かくいう私は、文庫本のほうをポケットに忍ばせて、トイレやエレベーター待ち時間などの細切れ時間にちょっとずつ瞬間英作文の復習をしました。持ち運びできる教材を細切れ時間に愛用することで、英会話の実力を定着させることができるようになります。

最適なTOEICスコアレベルは、400点から730点くらい

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングの対応難易度は、TOEICでいえば、400~730点くらいの方がちょうどよいです。ただ、それ以上のスコアがある方でも、「英会話は苦手だ」という状態であれば、利用してみる価値のある教材です。目に見えて英会話の実力が向上します。

効果的な教材の利用方法

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングを利用するおすすめの方法は、「何度も日本語から英語への置きなおしを行い、同時にスピーキングをする」ということです。

電車の中など口でしゃべれない環境では、頭の中で英作文を行います。特に、テキストを持っていなくてもCD音源を持ち歩きしていれば、聞きながらの英作文を行うことも可能です。とにかく何度も何度も日本語を英語に直して、「全く頭に負荷を感じない状態」にまでトレーニングをやり込むことが効果的な学習方法です。何度もやり込むことで、英文にするスピードが格段に速くなります。逆に、「数回だけしかトレーニングをしない」という学習方法は、瞬間的に英作文を行う瞬発力を鍛えることができないため、あまりお勧めできません。

デメリット・マイナスポイント

不自然な英文が少なからず混じっている

どんな良い教材にも長所と短所があります。長所の方は長々と説明したため、ここでは何度もトレーニングをするに当たって、教材の弱点をいくつか知っておきましょう。はじめに、日本語から英語に置き換える英文のほうに、いくつか不自然な英語が混じっていることに注意しておくべきです。あくまで「直訳するとこうなる」という英文が掲載されているだけで、英文の細かいニュアンスまでを練習することは、この教材ではできません。

日本語を考えた上で英文を作る思考回路は切り替えられない

次に注意すべきことは、この教材は、日本語を英語に翻訳する作業をトーニングする教材であるため、英作文がどうしても日本語に引きづられてしまう傾向があります。英語を英語のまま考え、会話するための教材ではない点も理解しておきましょう。ただ、日本語を瞬間的に英語にするだけでも、日常会話には支障がないくらい英会話は上達します。

高校英語・ビジネス英語を習得することは困難

さらに、この教材の大きな目的が日常会話をできるようにする基礎をつくることにあるため、やや抽象的な高校英語やフォーマルなビジネス英語を習得することは、この教材では困難です。そのため、より上級の英会話を学びたい場合は、別の教材やスクールで英会話の実力をさらに磨かなければならない点に注意してください。また、この教材の性質上、英語の定型表現をすべて網羅しているわけではないので、英語表現は別の教材で補充しなければならない点には注意が必要です。

実際に使用した感想

最後に私がこの教材を利用した感想を簡単に紹介します。実際に使用した感想は、「英会話の基礎力向上にはきわめて大きな効果がある」ということです。特に、繰り返し練習すればするほど、英会話の文章を作成するスピードが増していきます。はじめは、「こんな簡単な英作文の繰り返しトレーニングに本当に効果があるのか」と思ってしまうのですが、少し我慢して何度も繰り返しトレーニングをやってみてください。復習が5回目を超えるあたりから急に英語の文章が自然に頭に浮かぶようになり、英会話がスムーズにできるようになったことを実感するようになります。

瞬間英作文トレーニングで英会話の扉を開こう

さて、教材のお勧めのポイントから実際に使用した感想までを紹介してきました。この教材は、中学英語の英作文を瞬間的に行うことで英会話の基礎力を高める教材です。掲載されている内容はとても優れています。その証拠に、某オンライン英会話スクールでも、この教材を教科書にして英会話の練習を行っています。「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を何度も復習して、英会話の扉を開いてみてはいかがでしょうか?