新TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6

新TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6の

「TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6」は、TOEICスコアが中級者で、上級者にランクアップしたい人のための教材です。
700~800点のスコアの学習者は、TOEICの本試験で問題の7~8割程度しか解答できません。このTOEICスコアを900点台に伸ばし、上級者の仲間入りをするためには、85%~90%程度の正答率を確保する必要があります。このテキストでは、パート5&6の実力をさらに底上げし85%~90%の正答率を獲得するためのスキルを学ぶことができます。

TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6

新TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6がおすすめの人

現在TOEICスコアが700~800点台でさらにスコアアップしたい人

TOEICの試験における時間配分を考えて、実践的なトレーニングに重きを置いたテキスト構成が秀逸です。8割5分から9割程度の正答率を確保するために、どのくらいの難問を何秒程度で解答する必要があるのか、という実戦感覚を養うことができます。

さまざまな角度で英文法問題を解析し、高得点につなげたい人

TOIECの文法問題では、簡単な問題だと思っていて解答したのに、実は難問だったというケースが多々起きます。その場合の多くは、検討すべき角度から問題を検討していないことがほとんどです。別の言葉で言えば、文法問題が不得意な人は、パート5&6の問題の分析方法を知らないことが多いわけです。その点、この教材では、どの選択肢でどのような点を検討することで正解の選択肢にたどりつくのか、という解法のプロセスが明快に解説されています。この教材の解説部分と同じ思考回路を経て正解にたどり着いているかを確認しながら、同じ問題を何度も解くと、解き方のコツが自然に身につくようになっています。

TOEIC Part5 & Part6でどうしても高得点が取れない人

TOEICのパート5&6は、短い時間で解答しなければならないという心理的な圧力がかかることが多いため、ケアレスミスをしがちです。よく起こりがちなケアレスミスは、検討していなかった選択肢に正解が含まれているといったケースです。この教材では、すべての選択肢を検討し、正解がひとつしかありえないことを確認しながら問題を解いていきます。その結果、必然的にケアレスミスによる誤答が少なくなります。

新TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6の特徴4選

英文法問題の難問をどのように解答するのかを学習できる

この教材の学習のポイントはとてもシンプルです。まず、難問に的を絞って解説をしているため、TOEIC受験生が間違えがちな問題がたくさん収録されています。どのような間違いが起こりやすく、その間違いを突破するためにはどうしたらよいのかが詳しく学習できます。

TOIEC受験生が陥りがちな失敗や正答率の低い問題を見分けられるようになる

多くのTOEIC受験生は、同じ間違いをします。かなり紛らわしい特殊ケースを題材にして、正答の導き方を解説している点は、他の教材にはない専門性があります。私も目から鱗の解説を、この教材で何度か読みました。難問を何度も繰り返すことで、正答率の低そうな紛らわしい問題を見抜くことができるようになります。

難問への解答の瞬発力を上げる

難問であることが見抜けるようになった後は、解答の時間を短縮して正答できるようにならなければ、スコアアップは望めません。そのため、解答のプロセスをたどりながら、正答にいたるまでの思考回路をできる限り早くしていく訓練をすることが重要です。こういった訓練を細切れ時間を使って行うことができるのがこの教材の良い点です。

TOEIC受験生が知らないイディオムをマスターする

TOEICで誤答が多くなる問題として、TOEIC受験生の多くが知らないイディオムを解答しなければならない場合も当然あります。TOEIC受験生の多くが知らないイディオムを本書で新しく覚えることで、TOEICの解答力の底上げをすることができます。

新TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6のTOEICレベル

TOEICが700~800点台でさらにスコアアップしたい人には最適な教材だということができます。TOEICで満点を狙っている人であっても、学習する意義がある教材です。特に、パート5&6で8割5分から9割程度の正答率を確保するために、具体的にどのようなアクションをしていく必要があるのかが非常にイメージしやすくなっているのが好印象です。

効果的な新TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6の利用方法

移動時間や待ち時間などの細切れ時間を利用して、学習を継続できるのがこの教材の一番優れた点です。特に、文法問題は、問段文が短いため、1~2分程度の時間でも、数問の復習ができます。教材がポケットに入りやすいサイズであることも、持ち運びの際に、非常に便利です。

新TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6のマイナスポイント

TOEICの初心者の標準テキストとしては使えない

収録された問題がとても難しいため、TOEICの初心者は挫折するような内容です。初心者の方は、無理をせずにもっと基礎的な内容を解説している教材を勉強しましょう。

問題が解けないからといって自信喪失しない

難問を数多く収録していることによる別の問題もあります。あまりに問題が解けないため、自信を喪失しがちになるということです。このデメリットは、特に、TOEICの受験直前には、死活問題になります。自信喪失は、精神的に不衛生だからです。標準的な問題とは違う難問を収録した問題集であることを十分理解した上で、何度も復習をするようにしてください。

難問の時間配分に気をつける

難問に時間をかけて取り組む人もいると思いますが、この教材で口すっぱく解説しているように、TOEICは時間配分が重要です。難問であっても時間をかけて解答することができません。この点によく注意しながら、解答の瞬発力を鍛えるのがお勧めです。

実際に新TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6を使用した感想

実際に問題を解いてみると、面白いように問題が解けません。本当に笑えるくらい解けません(笑)。「文法問題ってこんなに難しかったっけ?」というのが実際に解いてみた感想です。文章の前後関係から推測した語句が間違っていたり、紛らわしい箇所への穴埋めを要求されて、どの品詞を入れるべきかを間違えたりします。ただ、逆に言えば、標準問題を演習するだけではスコアアップが期待できないようなハイレベルな学習者が演習できる問題がたくさん収録されているという意味で、非常に便利な教材です。

まとめ

問題が解けなくても挫けないことが大切です。TOEICスコアが800点を超えてくると、解けない問題は難問ばかりになるため、必然的に難問の正答率を上げていかざるをえなくなります。本書は、そういったニーズを持つ学習者に対して、パート5&6の難問をいかにして解くのかに的を絞った良書です。ぜひこのレビューを参考にして学習に取り組んでみてください。