TOEIC TEST単語・熟語・文法トリプルマスターは、600点から800点を目指す人向けの総合単語集

TOEIC TEST単語・熟語・文法トリプルマスターは、600点から800点を目指す人向けの総合単語集

TOEICのスコアを500点→650点→800点へとステップアップさせていくための単語集です。
最大の特徴は「最小の例文で、最大の語句をマスターできる」ところです。暗記の労力を最小限に抑えるために350例文が厳選されており、関連語句などを合わせると3,555語が収録されています。
また、TOEICの頻出「単語」「熟語」だけでなく「文法・構文」もカバーしているので、まさに『トリプルマスター』できるオールインワン単語集となっています。
さらに付属CDには、例文ごとにアメリカ英語だけでなくイギリス英語も収録されています。

TOEIC TEST単語・熟語・文法トリプルマスター

TOEIC TEST単語・熟語・文法トリプルマスターがおすすめできる人

短期間で英単語をできるだけ覚えたい人

一般の単語集では1つの語句に対して1つの例文が使われているため例文の合計が1000本を超えることが珍しくなく、これをやり通すにはそれなりの期間が必要ですが、本書では例文数が少ないので短期間で一周することでき、仮に1日に5例文ずつ取り組んだとしても3ヶ月かからずに一通り終えることができます。

最小の努力で最大の効果を効率的に得たい人

本書では350例文の中にTOEICで重要となる語句が1,846語(単語1,326語、熟語520語。重複を除く)も含まれており、さらに、関連語句などを合わせると3,555語が収録されています。つまり、1つの例文で平均10語以上の単語や熟語をモノにすることができるので、無駄のない「驚異の10倍効率」の学習が可能です。

暗記が苦手な人

単語や熟語だけで覚えようとしてもなかなか覚えられません。しかし、例文の意味を理解し、繰り返し何度も学習していくうちに、例文全体の意味と、例文の中に含まれている単語や熟語が結びついて自然と頭に入ってきます。さらに、相互参照機能が充実しているので、同じ語句や関連語句を複数の箇所や例文でチェックでき、知識のネットワークがどんどん広がるので暗記が苦手な人にもおすすめです。

TOEIC TEST単語・熟語・文法トリプルマスターの特徴

暗記の労力を最小限に抑えるために例文を350本に厳選し、驚異の10倍効率を実現

一つの例文が、可能な限りの多くの重要語句で構成されています。そのため、例文数がわずか350本に絞り込まれています。一方、扱う語句はその10倍以上の3,555語となっているので、例文1つ取り組むだけで、平均10個もの単語や熟語を学習できるというまさに驚異の10倍効率を実現した無駄のない学習が可能となっています。

頻出・重要度順にランク付けされている

単語と熟語が、出題頻度・重要度別にランク付けされています。単語は★★★★(最重要・最頻出)~★(応用・上級)の4段階になっており、熟語は☆☆(重要)~☆(知っておくと役立つ)の2段階になっています。このように、覚えるべき単語や熟語の優先順位が一目で分かるようになっています。

TOEICの傾向にふさわしい豊富なビジネス例文

TOEICの試験では、ビジネスシーンに関する問題が多く出題されます。本書ではTOEICの内容を徹底的に研究し分析した上で、それにふさわしいビジネスシーンのものが中心に構成されているので、試験の傾向に合わせた密度の濃い学習が可能です。

スコアを基準としたステップアップ学習ができる

本書では500点→650点→800点へとステップアップができるように例文が難易度順になっています。初級者でも、学習を進める過程で、どんどん高度な英語に対応できるようになっており、最終的には上級者の800点レベルにスムーズにステップアップさせながら学習していくことが可能です。

例文すべてをアメリカ英語とイギリス英語で収録したCD付

例文すべて米音と英音の両方で収録しているため、同じ例文を米音と英音の2種類の音声で聞き比べることができます。それにより米音と英音の違いを、単語レベルだけでなく、全体のリズムやイントネーションさらには音の連結や強弱など文レベルで認識することができます。

対応したTOEICレベル

500点レベルを目指す初級者から800点レベルを目指す上級者まで幅広い学習者を対象にしています。初中級者にとって難解と思われる例文や重要な文法・構文には丁寧な解説があります。初級レベルからステップアップ学習ができるので、初級者には比較的易しい内容から学習ができますし、中上級者にとっては初級レベルの復習をしながら、手ごたえのある高度な英語にも対応できるようになっています。

TOEIC TEST単語・熟語・文法トリプルマスターの学習方法

初級レベルの例文から一つずつ、例文に含まれている重要な英単熟語を確認しながら、文全体の意味を理解していきます。その際に、間違った発音やイントネーションが定着してしまう前に、CDを同時に聞きながら進めていくことで、正しい発音やイントネーションを確認しながら学習できます。
一周目は細かいところは気にせずに、例文や重要語句の意味の確認などを中心に行い、その後、何度も繰り返し学習していく中で、類義語、反意語、派生語や文法など細かいところも相互参照機能を利用して確認していき、記憶を少しずつ定着させていくと効果的です。
また、暗記に便利な赤シートがついており、英単熟語と和訳をそれぞれ隠せるようになっているので、記憶の確認や試験前の最終チェックに使えます。
例文は暗記するくらいに何度も繰り返し聞き、朗読された瞬間に意味が分かるくらいまで聞きこむと語彙力だけでなくリスニング力も飛躍的にアップします。
さらに、リピーティングやシャドウイングを行うことでスピーキング力の向上にも役立ちます。

教材のマイナスポイント

単語だけを集中的に学習したい人には不向き

例文の中で単語を覚えることを特徴としていますので、単語だけを数多く覚えたい人には向いていません。

出版日が古い

2012年8月24日発行のため新傾向や最新の語句には対応していないかもしれません。その点は他の参考書籍で補完する必要があります。

赤文字が多すぎる

例文数を絞るため、1つの例文に多くの頻出重要語句が含まれるよう構成されているので、赤文字が多すぎるように感じます。それだけ綿密に工夫されて各例文が作成されています。

実際に使用した感想

なんといっても例文数が少ないので、飽きっぽい私でも、挫折することなく最後まであっという間に一周できました。
CDに関しても、例文の発音とイントネーションを米音と英音の両方を聞き比べながら確認できるので、耳を慣らすのに非常に役立ちました。
単語と意味だけ覚えるというよりも、その単語が例文の中でどのような使われ方をしているのかを確認しながら学習できるという点でもおすすめです。

まとめ

語学を習得するには、語彙力が肝心です。意味の分からない語句が多いと読むのも聞くのも困難です。しかし、TOEICでは同じ語句が何度も出てくることがあり、その頻出単語をあらかじめマスターしておくことで短い時間で効率的に学習効果を得ることができます。とはいえ、ただやみくもに覚えるのではなく、ぜひ本書を活用して、「最小の努力で最大の効果」が得られる驚異の10倍効率で、次回のTOEICに向けて学習されてみてはいかがでしょうか。