短期集中講座!TOEIC® TESTリーディングは読解問題対策本

短期集中講座!TOEIC® TESTリーディングは読解問題対策本

短期集中講座!TOEIC® TESTリーディングの概要

短期集中講座!TOEIC® TESTリーディング

この参考書は名前の通り、Part7の読解問題対策を10日間という短期間で完成させることを目標としたものです。
全部で10章に分かれていて、1日1章こなす計算となります。具体的な各章のテーマは、

1章:広告
2章:フォーム(表・グラフ・アンケート)
3章:ビジネスレター
4章:Eメール・FAX
5章:お知らせ・社内伝達
6章:説明書・規約・調理法
7章:新聞や雑誌の記事
8章:ダブルパッセージ*(1)
9章:ダブルパッセージ(2)
10章:模擬テスト

となっています。

まず9日間で様々なタイプの読解問題を解き、最終日には模擬テスト(Part7のみ)にチャレンジします。制限時間が設定されていて、解答用紙もついているので、本番同様の演習ができます。

解答目安時間を守れば、1章分の問題は15分程度で解き終わりますし、1日1題こなしていっても、34日間で項目別学習は完了します。時間が無い人でも無理なく続けることができる参考書です。

*ダブルパッセージ:2つの文章がセットで1題として出題されているものです。具体例として、一番出題例の多いタイプを挙げると、「メールorレター」+「返信メールorレター・FAX」となります。

短期集中講座!TOEIC® TESTリーディングは各章の構成紹介

ストラテジー

筆者が実際にテストを受けて復習分析し、蓄積してきた、短時間で正解を導くヒントが紹介されています。
1.出題傾向
広告、表、などの内容として、具体的にどういったものが出題されるのかが紹介されています。あらかじめ出てきそうな単語を見ておくなど、個人でのテスト対策にも役立ちます。

2.ストラテジー
資料の中の着目すべきポイントが書かれています。ストラテジーを使用して解答できる問題の番号が表示されているので、設問を解くときにポイントが意識しやすいですし、復習もやり易いです。

3.よく出題される設問例
「基本的に全体検索する問題」と「部分検索できる設問」とに分けて設問例が紹介されています。英語表記の設問文と、その日本語訳が一緒に書かれているので、確認しやすくなっています。あらかじめ設問例が頭に入っていれば、本番での時間短縮につながるでしょう。
ここではQ&Aの形式で、更に知っておくとよいことが説明されている章もあります。

4.ボキャブラリー
その章で扱っているテーマに関係のある単語がチェックできます。ただし、すべての章にあるわけではありません。

練習問題

1.練習問題
本番と同じ形式、同じレベルの問題が掲載されています。読解問題では時間配分が重要になってくるので、解答にかかった時間は確認しておきましょう。1つの設問につき1分が目安になっています。(著者柴山かつの氏はPart7の設問48題に、55分残すべきだと言っています。大体1問を1分でこなすペースを身に着ければ余裕をもって解答ができるようになります。目安はこのようにして設定されています。)

2.練習問題の和訳
題名から本文、設問、選択肢のすべてが日本語訳されています。また、その設問を解答するのにかかる時間が書かれています。

3.解法のポイント
全体検索するか、部分検索できる問題か、使えるストラテジーは何か、その他にも解答のポイントが書かれています。解説はとても丁寧でわかりやすいです。「ポイントを押さえれば、以外に解きやすい」と実感できるしょう。

4.重要語句チェック
本文に出てきた単語や熟語と、その日本語訳が書かれています。

和訳がついていたり、重要単語が掲載されていたりと、英語への理解度を高めるという点でも、かなり手厚い参考書となっています。

もちろん、英語の学力の高さは必要ですが、それだけでTOEICで高得点を取ることは少し難しいです。「わかる」と「時間内に解ける」には落差があります。その落差を埋めることが本書の最大の目的だと言えるでしょう。つまり、英語への理解を高めながら、TOEICの特徴を理解することで、効率よく得点を伸ばすことのできる参考書となっています。(どちらかというと、後者の方に重きを置いていますが)

著者柴山かつの氏はまえがきで、TOEIC講師の方が使っても、生徒にわかりやすい説明ができるような構成にしている、と述べています。この参考書が完全に理解できれば、教える側の視点が手に入る、問題が俯瞰できるようになる、ということです。

文法もある程度完成されていて、単語も覚えてはいるけれども、読解問題で点数が取れないという人に、ぜひおすすめしたい参考書です。TOEICの読解問題の解答テクニックを習得する手助けになるはずです。

一通り終えた後でも、何度も復習すると良いでしょう。問題を解かずとも、ストラテジーや練習問題の解法ポイントを読み返すだけでも十分に勉強になります。A5サイズで持ち運びしやすく、机に向かわずとも、電車やバスの中などの隙間時間を使って勉強可能です。

短期集中講座!TOEIC® TESTリーディングはまとめ

『短期集中講座!TOEIC® TESTリーディング』はTOEICに特化した読解問題対策本です。解答時間短縮につながるポイント、資料のどこに着目すべきかなど、より実践的なテクニックが学べます。
短期間で終えることのできる参考書なので、テスト直前のブラッシュアップに最適な1冊です。
ぜひチェックしてみてください。