銀のフレーズはTOEIC600点まで対応している必携の単語帳

銀のフレーズ

TOEICに出題される単語をフレーズで効率的に覚えられる単語帳です。

ベストセラーになっている「TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ」のベーシック版で、TOEIC600点に到達するために必要な厳選の1000単語が難易度順に掲載されています。

著者は、TOEIC問題の傾向と出題パターンを知り尽くした “”TEX加藤先生”” で、全く無駄のないことは当然ながら、重要な派生語や関連語、文法事項、出題ポイントなどが、タイミングよく入ってくるので、徹底的に使いこなせば、相当な知識・力をつけることができます。

「特急シリーズ」の特徴の1つである、持ち運びがしやすい文庫本サイズは、隙間時間でどこでも開くことができ、学習する場を選びません。

銀のフレーズ

銀のフレーズがおすすめできる人

TOEIC300~500点台の人

英語力を図る上で語彙力は欠かせませんが、TOEICの場合、問題の傾向と出題パターンが強いので、TOEICに特化した良質の単語帳を使うことで、かなり効率的にスコアを伸ばすことができます。

単語を覚えてもスコアが伸びない人

TOEICパート5で語彙力を問う問題はありますが比較的難易度が高いので、TOEIC600を突破してから対策を打つ問題です。そう考えると、TOEIC600までは、語彙力はリスニングやリーディング対策で必要とされるので、文意を素早く捉えることを優先させます。TOEICは、出題されるシチュエーションの範囲が狭いこともあって、決まったフレーズや相性の良い単語との決まった組み合わせが頻出されるので、音声を利用しながらフレーズを覚えるとスコアに結び付きやすくなります。

他の単語帳を挫折した人

TOEIC対策の単語帳はたくさんありますが、目標スコアに合わせた単語が掲載されていても、その単語が入っている文章やフレーズに難しい単語が入っていると、そこで挫折してしまいがちです。この単語帳の文は、TOEIC600まで程度のレベルの要素で構成されている上に、人間の短期記憶の1つの限界とも言われている “”7語以下のフレーズ”” でまとめられているので、挫折せず継続することができます。

銀のフレーズのポイント4選

TOEICのスコアアップにつながる単語帳

TOEIC頻出の単語をフレーズで覚えられると同時に、単語の解説欄に書かれている関連語や出題ポイントの質が非常に高いので、ここは徹底的に読むべきです。

使える音声アプリ

無料の音声アプリを利用し、アウトプットも同時進行させることで飛躍的に英語力が伸びます。「見出し語→日本語訳→英語訳×2」の順番で収録されているので、さまざまなアウトプットの練習に活用することができます。

また、アプリにはチェック欄があるので、わざわざ本と照らし合わせなくても、できた問題できない問題の印をつけることができるので非常に便利です。

役立つサプリメント

この単語帳には、補強として6回 “”Supplement”” が入ります。730点、860点レベルからでも、重要度が高い単語や定型表現が収録されていて非常に役立ちます。単語には、一般的に難易度がありますが、難易度が高いからといって覚えることが難しい訳ではありません。その単語に触れる回数を増やせば、習得できるので “”Supplement”” もしっかりマスターしたいパートです。

勉強場所を選ばない文庫本サイズ

“”特急シリーズ”” の特徴の1つ、文庫本サイズは、持ち運びにも便利で、学習する場を選ばないので、隙間時間を活用して学習できます。

銀のフレーズの勉強方法

著者によると、1日10~30分、2ヶ月で1000語マスターできるような構成になっています。基本的には「日本語→英語」のアウトプットを中心にした学習法で、本では “”音読”” を、音声では “”リスニング・日→英・リピーティング”” などを通して単語を覚えていきます。

1日に費やせる学習時間や、目標は個々で違うので、自分が継続できるペースで計画し、最終的に音声の日本語を聞いたら英語が瞬時に出てくるまでトレーニングしてください。また、音声スピードを調整できるので、慣れてきたら速度を上げて聞くと良いトレーニングになります。

銀のフレーズのマイナスポイント

  1. 安定してTOEIC500点以上を取得できる人には、少し物足りないので「TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ」の方を利用した方が良いです。フレーズの重複はありませんが、見出し語の約半数は「金のフレーズ」と「銀のフレーズ」で重複しています。
  2. 完ぺきにTOEICに特化している単語帳なので、TOEICスコアアップには最適ですが、英語力全体を伸ばすには最短ルートは取れません。

銀のフレーズを実際に使ってみた評価

私は、ある程度本で単語・フレーズを確認したら、あとはアプリの音声を活用しました。日本語を聞いたら瞬時に英語がアウトプットできるくらいまでトレーニングを重ねるうちに自然と単語は覚えられましたし、リスニングのスコアもかなり伸びました。TOEICは、マーク試験で、スペルは問われないので、視覚で単語・フレーズの感覚を、聴覚で発音・リズムをつかめば十分です。全文・フレーズが、7単語以下で構成されているので、非常にやり易かったです。

また、解説欄や “”Supplement”” は、かなり役に立ちましたし、 一息つける “”Break”” も楽しく読めました。

銀のフレーズまとめ

TOEIC600目標までなら、必携の1冊です。
この価格でこの品質はなかなかありません。基本は単語帳ですが、解説欄や音声をフル活用することで、相当量の知識や力を得ることができます。