TOEICは高校生も受けるべき!大学入試に関わります!おすすめの勉強方法を紹介

TOEICは、大学生や社会人が受けるものだと思っていませんか?

いままでは、高校生がTOEICに関わる必要性は正直なく、大学受験に向けて受験英語を集中して勉強するというものでした。

しかし、2020年東京オリンピックの年に、センター試験の廃止に伴う新しい大学入試共通テストが誕生します。その共通テストの英語科目の一つとしてTOEICが採用されました。

そのため、TOEICが高校生にとっても身近になり、受験英語とTOEICをどう合わせるのかというもの一つの問題となってきます。

本記事では、高校生にもおすすめするTOEIC受験と、高校生にとっておすすめの勉強補法を紹介します!

高校生からのTOEICL&Rテスト入門がおすすめ

大学入試を有利に進めるためにTOEICを受けたいけれど、参考書が多すぎてどれを選んだら良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで、私がオススメしたいのは「高校生からのTOEICL&Rテスト入門」です。何を始めるにも、一番最初は全体像を掴むことが大切ですよね。この参考書は、TOEICを初めて受ける高校生を対象に、テスト全体の流れやそれぞれのPartの出題傾向、学習法などが丁寧に書かれた一冊となっており、ビギナーさんにぴったりの参考書だと思います。

大学入試の単語とTOEICの単語はかなり異なる

大学入試のための英語の勉強をすれば、TOEICでもハイスコアがとれるのではないか、と考えている方がいるとしたら、それは大間違いです。

なぜなら、大学受験の英語とTOEICでは問われる内容が全くと言っていいほど違うからです。

その中でも、単語は多くの意味を持つことがありますが、TOEICはビジネス英語なので問われる意味にも傾向があります。傾向と特徴があることを理解し、それに合った対策をしていくことが大切です。

TOEICのテスト全体の流れを知ることができる参考書がおすすめ

TOEICを初めて受験する場合は、まずはテスト全体の流れを知る必要があるため、初心者向けの参考書を購入しましょう。

次に、ある程度テストの流れが分かってきたら、公式問題集で過去問を解くことをオススメします。

なぜなら、Part毎に解説している参考書もたくさんありますが、過去問を解いた上で、自分の苦手なPartを知ってから購入することで無駄な出費を防ぐことができるからです。

私は、多くの参考書を購入し、使用せずに試験本番を迎えてしまうより、自分に合った参考書を使い込んだ方がスコアアップに繋がると思っているので、みなさんも自分に合った1冊を見つけてみてはいかがですか?

中学、高校で習う文法をもう一度見直そう

英文法は中学・高校の英語の授業で習ってきているため、TOEICを受験する際、単語だけでも知っていれば、何となく聞けたり読めたりするので、文法を軽視する人も多いのが現状です。

しかし、TOEICはビジネス英語の試験ですので、ハイスコアを狙うのであれば、文法の知識は必ずしも身に付けておかなくてはいけません。高校で習う英文法は、中学文法の発展版だとも言われているので、まず自分の苦手なところは中学英文法からもう一度見直し、苦手を克服することをオススメします。

2020年から大学入試共通テストが開始

大学入試センター試験が2020年1月の実施を最後に廃止されることになりました。

それに伴い、新たに「大学入試共通テスト」というものに移行することが決定しています。

また、英語は20年度から民間の資格・検定試験をこの共通テストに代わる試験として認定することになりました。

大学入試センターによる審査で合格した民間の資格・検定試験は8種類あり、その中にTOEIC L&Rも入っています。

TOEICはますます必要になってくる

これまで紹介した内容踏まえ、グローバル化が叫ばれ、小学校でも英語教育が始まっている今の日本。

英語能力を図る一つの指標として、今後ますます需要が高まること間違いなしのTOEICです。高校生の内からしっかりと対策をし、周りの人と差をつけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA